夏の甲子園群馬県予選その2
上毛新聞社/群馬県高校野球情報

県予選はベスト4をかけた試合に。
今日はそのうちの2試合。

第一試合、初のベスト8の西邑楽が夏将軍、桐生第一に挑みました。
試合は中盤まで1-1の大接戦。
最後は桐生第一が底力を見せ、突き放しましたが、
西邑楽も大健闘でした。

第二試合は前橋育英と桐生商のシード校対決。
お互いチャンスをなかなか得点に結び付けられない展開でしたが、
相手のミスがらみで先制した前橋育英が、
4番藤生くんの3ランなどで突き放し、
終わってみれば8回コールドという結果に。
桐生商はチャンスで回ってきた4番吉野くんに一打が出なかったのが、
痛かったですね。
2年生中心の桐生商、
この経験を糧に来年一回り大きくなってくれることを期待します。

明日は残り2試合、前橋-前橋商と、
高崎商-健大高崎の試合。
期せずして前橋対決、高崎対決となりました。
お互い悔いの残らない試合にしたいですね。
[PR]
by yosuie | 2007-07-23 22:23 | スポーツ
<< 2007年J2 第30節 ザス... 2007年J2第29節 セレッ... >>