人気ブログランキング |
去る人。
2004 惜別球人(スポニチアネックス 野球)

昨年のドラフトで群馬関連の選手が4人指名され、
ここ数年の高校野球での活躍と合わせ、
プロ野球選手に占める群馬の割合も増えてきていますが、
一方で去る人もいるわけで。

五十嵐投手(国士舘-関東学園大-JR東日本-ヤクルト)は、
一軍での登板機会のないままプロ野球人生がいったん終わってしまいました。
米独立リーグ挑戦ということで、
日本とは別の野球を体験し、飛躍することを願っています。

飯島投手(藤岡-神奈川工大-新日鉄君津-ダイエー)は、
1年目にセットアッパーとして大活躍し、
その後の活躍を期待していましたが、
3年目にして戦力外という過酷な運命。
今はプロとアマチュアの垣根も低くなっていますし、
また別のところでも活躍できるといいなと思います。

新井選手(鬼石中-埼玉・児玉高-阪神)は、
実は群馬県人だとは知りませんでした・・・。
高卒で入ったということは、相当期待されていた証拠。
まだ23という年齢ですし、これから伸びる可能性も大いにあると思います。
何らかの形で野球を続けてくれたら。
by yosuie | 2005-01-22 07:42 | スポーツ
<< 長距離王国の予感。 ひろたや(館林市)。 >>