地図から消える街 勢多郡大胡町
まだ、体裁が固まってないので、内容がコロコロ変わるかも・・・。

勢多郡大胡町
(2004年12月5日前橋市と合併予定)

人口:17,153人(2003年9月1日現在)
町の木:けやき
町の花:さつき
町名の由来:
上毛三碑のひとつ山ノ上碑に刻まれた「大児臣」によるとされ、
古くから開かれた土地であることが窺る。
近年の発掘調査の成果からも、
古墳時代には多くの集落が営まれていたことが判って来ている。

大胡といえば、ぐりーんふらわー牧場ですね。
大きな風車が目印。
原っぱが広くて牛などもいるので、
子供の遊び場にぴったりです。
となりの産直もいつもにぎわっています。

大胡城主だった大胡氏の一族が後に上泉姓を名乗り、
その子孫が上泉伊勢守信綱(秀綱)なんですね。
(くわしくは剣の天地をご一読ください)

大胡町ホームページ
[PR]
by yosuie | 2004-10-15 06:28 | 地図から消える街
<< 志なの屋(笠懸町)。 地図から消える街 はじめに >>