鶴舞う形の群馬県。
by yosuie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<   2013年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ゆく人くる人2013(その1)。
杉本、有薗に続き、U-23から3人目のトップ昇格選手として、
今季から加入した枝本雄一郎。
松下、熊林が抜けたボランチのレギュラー争いが期待されましたが、
ベンチには何度か入るも、
残念ながら出場の機会を得られず、
1年での契約満了となりました。
結果を出さなければ残れない、
厳しい世界だということを、改めて認識させられました。

野洲高校出身のファンタジスタとして、
期待を持って迎えられた、青木孝太。
開幕戦ゴール、その後もアシストで今季の得点に貢献し、
できれば来シーズンもザスパのユニフォームを着ることを願っていましたが、
残念ながら契約満了となってしまいました。
最後まで先発してたので、
この結末は単純な理由ではないんだと思います。
平繁とのコンビは、いつも可能性を感じていただけに、本当に残念です。

関西大から昨年加入した、GK松本浩幸。
恵まれた体格から、将来の守護神を期待していましたが、
大ケガをしてしまい、なかなか陽の目を見る機会がないまま、
契約満了となってしまいました。
今季の北を見るように、GKは経験を積むことで成長できるポジション。
あきらめず、プレーを続けることで、
きっと花開くと信じています。

前線での活躍を期待され、昨年から加入した遠藤敬佑。
今季は得意のドリブルから平繁につなぎ、
徳島戦の4得点快勝に貢献しましたが、
途中から怪我に泣かされ、ゴールを見せられないまま、
満了となってしまいました。
まだ若いですし、万全の身体でまたピッチに立ってほしいと思います。

手薄なSBに昨年から加わり、
熱いハートと裏腹な熟練なプレーで魅せてくれた保崎淳。
ケガもあり、出場機会が多かったとは言えませんが、
期待をさせるプレーを見られなくなるのは非常に惜しいです。

中京大学から新人として加入し、地元前商出身ということもあり、
期待の高かったSB星野悟。
なかなか出場機会に恵まれませんでしたが、
残留争いの真っ只中の岡山戦、先制ゴールと2点目のお膳立てで、
チームの窮地を救う大活躍。
このパフォーマンスでなんとかチームに残れるかも、
っと思いましたが、厳しい台所事情もあるのか、
残念ながら契約満了となってしまいました。

3年前、水戸から移籍で守備の要となっていた中村英之。
ブログからもその意識の高さや、
人格者であることが伺え、
若いチームにとっても貴重な存在だと思っていましたが、
今季は出場機会が少なく、クラブを去ることになってしまいました。
経験値の高いプレー、またセットプレイからのヘッドは、
まだまだ武器として活躍できるはず。
これからもプレーを続けてほしいと思います。
[PR]
by yosuie | 2013-11-30 11:44 | ザスパクサツ群馬
2013年J2第42節 ザスパクサツ群馬-ガンバ大阪
a0007229_4411435.jpg

長かった13シーズンもいよいよ最終節。
最後に控えしラスボスは、前節J2優勝を決め、
1年でのJ1復活なった、ガンバ大阪。
ACLも制した強豪を迎えるとあって、チケットも完売、
当日も7,800人超の大入りとなりました。

ザスパは前節負傷交代の夛田が外れ、保崎が左SBでスタメン。
ベンチにはエデルが戻ってきました。
対するガンバは、数日前まで日本代表の欧州遠征だった、
遠藤、今野が残念ながら帯同せず。
が、元代表の加地、シーズン途中まで独バイエルンにいた宇佐美など、
それでも十分強力なメンバーが並びます。
a0007229_4414634.jpg


試合はやはりガンバのボール保持が長く、
耐えたザスパが平繁やロビーニョに預け、カウンターを狙う展開。
宇佐美はスピードのあるドリブルでザスパDFを翻弄、
キープしてもなかなかボールを失いません。
以前敷島でプレーを見た、香川のドリブルもすごかったですが、
それ以来、また違ったタイプのすごさを感じました。
それ以外の選手もプレーの質が高く、ゴール前でのアイデアも豊富。
際どい場面が何度かありながらも、前半は0-0でしのぎます。

しかし、後半開始早々、自陣右サイドのスローインから、
宇佐美にカットインされ、双方数選手が絡む中抜け出しながら蹴った、
その宇佐美のシュートが決まり、とうとう先取点を許します。
追う立場になったザスパ、しかし、その後もガンバの猛攻。
すんでのところでDF陣の踏ん張りや北の好セーブで防ぎ、
何とか最少得点差で耐えます。

ザスパも瀬川、エデルと攻撃的なカードを切り、80分すぎからは、
CBハンジンを前線に上げるパワープレイ。
すると、そのハンジンに当たってバイタルにこぼれたボールを、
ロビーニョが拾ってシュート、一度GKにはじかれますが、
エデルが詰めてゴールを奪い、土壇場で同点!
そして、これが最後の試合となるサクが登場。
スタジアムのボルテージも高まります。
さらにアディショナルタイムにもエデルが決定機を迎えますが、
これは外して劇的な逆転勝利はならず。
が、大観衆を魅了する素晴らしい試合になりました。
a0007229_4423983.jpg


試合後はシーズン終了、サクの引退セレモニー。
スタンドからのあたたかい声援に9年間の思い出が蘇りました。
J昇格とともに加入し、一番苦しい時代を知っている選手の引退。
できることならもう少しプレーを観たかったけど、
それも難しい躰の状況ということで、今はおつかれさま、と言いたいです。
a0007229_443283.jpg


これで2013シーズンは9勝13分け20敗、
22チーム中20位という結果に終わりました。
ザスパクサツ群馬として、新たなスタートを切った今シーズン、
最後は残留争いという厳しい状況を乗り切った、
その経験を糧とし、来シーズンは改修なった正田醤油スタジアム群馬で、
実りあるシーズンとしたいです。
[PR]
by yosuie | 2013-11-26 04:44 | ザスパクサツ群馬
2013年J2第41節 ザスパクサツ群馬-ヴィッセル神戸
はじめに。
しばらくサボっておりました。
クラブに激震が走る出来事の中、思うところがあって、
なかなか筆・・・ならぬキータッチが進まず、
文章も思い浮かばず。
いろいろと一区切りついたところで、
生で観た素晴らしい試合。
・・・また細々と続けていきたいと思います。
a0007229_5522958.jpg


前節アウェイ鳥取で勝ち点1をもぎ取り、
J2残留を決めたザスパ。
プレッシャーから解放され、
残り2試合は今シーズンJ2で頭一つ抜け出た存在だった、
神戸、ガンバとの対戦。
まずはホーム敷島に神戸を迎えてのナイトゲーム。

布陣を見て?っと思いましたが、
ここのところ採用していた3バックではなく、
夛田、小柳をSBに置く、4バック。
坂井、加藤のダブルボランチに、前線はダニエル・ロビーニョと平繁。
その後ろで竜樹と青木が流動的に動きます。
神戸は生で観たかったエステバンが出停。
4年ぶりの敷島凱旋となった、とっくんこと都倉はベンチスタート。
a0007229_5533354.jpg


試合は序盤、ボールホルダーにプレスに行くザスパの守備が効果的で、
まずペースを握ります。
が、さすがは神戸、しばらくするとそのプレスにも慣れ、
呼び込んで隙間にボールを入れるようになり、
徐々にボールを持たれる時間帯が長くなっていきます。
そして20分、PA右に侵入してきた相手選手を加藤が倒したとして、
PKを与えてしまいます。
キッカーはキャノン砲のポポ。
失点を覚悟しましたが、蹴ったボールはクロスバーを叩き、枠外へ。

しかし、ほっとしたのも束の間、
ザスパ陣内中盤でボールを受けた小川が、左足を振り抜き、
伸ばした北の手の先を行ったボールが、
サイドネットに突き刺さるスーパーゴール。
レベルの高さを見せつけられました。

それでもまだ序盤。
焦らず試合を進めようとしますが、神戸のパスワークが冴えはじめ、
止めに行った青木のファウルに、今度こそのポポが、
素晴らしい軌道のFKを放ち、0-2に。

守備も固い神戸に前半のうちに2点差はかなり重いと思われましたが、
39分、ロビーニョが右サイドを強引に突破し、
グラウンダーのマイナスクロスを入れ、
竜樹の落としたボールに合わせたのは坂井。
得意の左足でゴールマウスを捉え、1点を返します。

その後も果敢に攻め、青木のドリブルを倒した神戸にファウルの判定、
今度はザスパがPKを得ます。
蹴るのはエース平繁。
しかし、こちらも相手GKの足に阻まれ、失敗。
できればこれで前半のうちに追いつきたかったのですが、
1-2のスコアで折り返しました。

後半もザスパは平繁のポストプレイとロビーニョの突破力を生かして、
神戸ゴールに迫るものの、堅い守備に阻まれ、時間は過ぎて行きます。
追加点を狙う神戸は都倉を投入。
ピッチに入る都倉にザスパサポからはブーイングと歓声が入り混じった、
大きなどよめきが上がります。
次の1点が試合の行方を決めそうな中、ゴールを決めたのはザスパでした。
坂井のスルーパスを受けた平繁のシュートは一度相手DFに阻まれますが、
こぼれてきたボールを自身でもう一度豪快に蹴り込み、同点!
ザスパがとうとう追いつきます。

神戸もギアを上げて鋭い攻めを見せ、幾度となくピンチもありましたが、
都倉のヘッドはポストに当たる幸運、
終了間際の大ピンチも北のビッグセーブで切り抜け、
最後のチャンスに加藤が左からシュートを狙いましたが、
こちらも相手DFに阻まれ、タイムアップ。

神戸は優勝を逃し、ザスパも残留が決まっている、
ある意味消化試合ではありましたが、お互いの気迫と最後まで撃ち合う、
素晴らしい試合となりました。
勝てなくても、今日の試合を観に来た人たちは、
みな満足して家路につけたと思います。

そして、後半途中から出場となった、櫻田。
ザスパのJ2昇格時に加入し、草津でのチャレンジャーズを経てトップ昇格。
勝てない苦しい時代を身をもって体験し、歴史を作ってきた9年間。
チャントが響く中、平繁にキャプテンマークを譲られたときには、
こみ上げてくるものがありました。
残り1試合、彼のプレーを目に焼き付けておきたいと思います。

また、試合終了後、バクスタに向かって挨拶に来たとっくん。
懐かしのチャントで返すザスパサポ。
これからもこういう素晴らしい光景が見られるように、
ザスパの歴史を重ねていきたいですね。

さて、苦しかった今シーズンもとうとう最終節。
最後の試合は、圧倒的な攻撃力で今季J2を制したガンバ大阪。
遠藤、今野は出場するのか?
宇佐美のキレキレのドリブルは見られるのか?
そして、ザスパはその大阪相手にどんなサッカーを見せてくれるのか?
最後は思いっきり楽しんで、2013シーズンを締めくくりたいと思います。
a0007229_5534772.jpg

[PR]
by yosuie | 2013-11-19 05:54 | ザスパクサツ群馬
2013年J2第40節 ガイナーレ鳥取-ザスパクサツ群馬
ガイナーレ鳥取 1-1 ザスパクサツ群馬
[PR]
by yosuie | 2013-11-17 05:10 | ザスパクサツ群馬
2013年J2第39節 ギラヴァンツ北九州-ザスパクサツ群馬
ギラヴァンツ北九州 3-2 ザスパクサツ群馬
[PR]
by yosuie | 2013-11-17 05:09 | ザスパクサツ群馬
2013年J2第38節 ザスパクサツ群馬-ファジアーノ岡山
ザスパクサツ群馬 2-1 ファジアーノ岡山
[PR]
by yosuie | 2013-11-17 05:08 | ザスパクサツ群馬
2013年J2第37節 ザスパクサツ群馬-京都サンガFC
ザスパクサツ群馬 2-3 京都サンガFC
[PR]
by yosuie | 2013-11-17 05:07 | ザスパクサツ群馬