鶴舞う形の群馬県。


by yosuie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

連戦で勝ち点を稼ぎたい、
ホームに愛媛を迎えての一戦。
結果は、横山、平繁のゴールで2-1の勝利!

前半から愛媛ペースで試合を進められ、
なかなか攻めの形が作れないザスパ。
しかし、粘り強い守備で耐えながら得たワンチャンス、
右サイドで有薗のオーバーラップからボールをもらった保崎が、
持ち替えて中央へクロス、
飛び込んだ横山が頭にドンピシャで合わせて、
綺麗な先制点!

横山はここ4試合で3ゴールと結果を残しつつあります。
チームの成熟と共に、成長していることを本人も実感していると思います。

そして後半、なかなか追加点を奪えず、
ロビーニョ、青木と攻撃のカードを切ると、
ロングフィードを青木が競って頭でつなぎ、
ペナルティエリアの外で胸トラップした平繁が、
落下するボールをそのまま左足で一閃、
相手GKが一歩も動けないほど強烈かつ綺麗な弾道を描きながら、
ボールがネットに吸い込まれました。
テレビで観戦していても思わず声が出るようなスーパーゴール!

終盤1点は返されましたが、この日行われたチャレンジャーズの試合同様、
2-1で勝ち点3をゲットしました。
これで順位も一気に降格圏外の18位にジャンプアップ。
しかし、まだまだ混戦。しかも最後に神戸、ガンバの連戦があることを、
忘れてはいけません。
この勢いを本物の実力に変え、
今年のチームのポテンシャルを見せてほしいと思います。
[PR]
by yosuie | 2013-08-31 05:29 | ザスパクサツ群馬 | Trackback | Comments(0)

新たなる歴史。

ザスパクサツ群馬のセカンドチームである、
ザスパ草津チャレンジャーズ。
J昇格前のトップチームと同様に、
草津温泉で働きながら、トップ昇格を目指す、
アマチュア契約のチーム。

今年は県リーグ3部に所属し、リーグ戦を戦いながら、
天皇杯の予選である県サッカー協会長杯を戦ってきました。
一昨年、昨年と決勝で敗れ、本戦への出場ができませんでしたが、
tonan前橋との戦いを2-1で制し、3度目の正直、
見事優勝し、ひとつの歴史を作りました。

9/1、一回戦の相手は、JFL所属の横川武蔵野FC。
その昔、OBの佐藤正美も所属し、JFL時代には対戦経験もあります。
カテゴリとしては、5つ上の相手ということになりますが、
実力差はそんなには大きくないはず。
これまで積み上げてきたものを桧舞台で発揮し、是非勝ってほしいと思います。

もし一回戦を勝つと、次の相手はなんとJ1、FC東京。
このワクワク感が天皇杯。
J1チームと対戦するチャレンジャーズの勇姿が観たいです。
[PR]
by yosuie | 2013-08-28 05:54 | ザスパクサツ群馬 | Trackback | Comments(0)
ミッドウィーク開催のアウェイ千葉戦は、
追いついて2-2のドロー。

累積警告で乾と誠秀は出場停止、ボランチには櫻田が入り、
3位千葉の撃破を目論見ます。
ポゼッションは譲るものの、奪ってからの速い展開で糸口を掴み、
前半CKからのこぼれ球をタツキが頭で決めて先制。

後半、逆にCKから決められ、
さらに相手の早いクロスを有薗がかわしきれず、
足に当たって決まってしまう、不運なオウンゴールで勝ち越しを許します。

なんとか勝ち点を取りたいザスパはロビーニョを投入、
裏への抜け出し、ボールキープの強さと、
徐々にその才能を見せ始めた中、右サイドでロビーニョのキープから、
加藤が中央でシュート、DFに阻まれますが、
こぼれ球を途中出場の横山が再度シュートし、
今度はこちらの球が相手選手をかすめてコースが変わり、ゴールイン。

終盤何度かチャンスはありましたが、そのまま引き分けました。
力のある千葉相手に、一度は逆転を許しながら、
追いつけたことは評価できると思います。
これで5戦負けなし。
次節ホーム愛媛戦でしっかりと勝ち点3を稼ぎ、
残留争いから脱出を図りたいです。
[PR]
by yosuie | 2013-08-24 14:06 | ザスパクサツ群馬 | Trackback | Comments(0)

真紅の大優勝旗、再び。

夏の甲子園決勝。
初出場の群馬県代表、前橋育英高校が、
宮崎県代表、延岡学園高校を4-3の逆転で下し、
見事、高校野球の頂点に立ちました!

サッカーは多数のJリーガーを輩出し、
インターハイを制するなど、全国区の知名度でしたが、
野球部はなかなか県予選の壁を越えられず、
今回が初出場。
2年生エース、高橋光成を中心に、
堅牢な守備とソツのない攻撃でとうとう最後まで勝ち上がりました。

県勢の全国制覇は、99年、正田樹を擁した桐生第一高校以来、
14年ぶり2度目です。
横浜、常総学院など、常連校を退け、
9者連続三振、準決勝まで自責点0という素晴らしいピッチングをしたこうなくん、
それを素晴らしい守備で盛り立てた高橋拓也くん、サヨナラヒットの土屋くん、
好リードの小川くん、4番キャプテンとしてチームをまとめた荒井くん、
そしてそのお父さん、荒井監督。

すべての試合にドラマがあり、感動がありました。
素晴らしい真夏の夢をありがとう!

これで、上武大学の大学選手権制覇に続き、
群馬県勢は今年二冠です。
次はダイヤモンドペガサスが、独立リーグ王者を取る番ですね!
[PR]
by yosuie | 2013-08-22 16:40 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
a0007229_5535653.jpg

ホームに順位の近い熊本を迎えての一戦、
後半加藤のゴールで1-0の勝利!

序盤こそ熊本の裏を狙うロングボールに押し込まれたものの、
徐々にボールを繋ぎ、ペースを掴むと、
平繁が突破からのシュートを放つなど、質の高い攻撃を見せ始めます。
しかし。
開始早々から接触の都度ファウルを取る主審。
そんな中でFK、CKと与えてしまい、
プレー再開直前にハンジンが相手を倒したとしてPKの判定・・・。

が、この大ピンチをGK北がブロック!
前半を0-0のまま折り返します。

後半縦パスが入るようになり、さらに攻勢に出るザスパ。
そして、平繁が左サイドに抜け出て持ち込んだボールを、
折り返しに加藤が合わせて先制!
その後もカウンター気味のチャンスもありましたが、得点は奪えず、
しかし乾が途中交代した守備でも綻びを見せずに守りきり、
2試合ぶりの白星を手にしました。

これで得失点差で鳥取を上回り、20位に浮上。
下位クラブの勝ち点差は詰まってきましたが、
まだまだ予断を許さない状況。
今日アゥエイ千葉戦となりますが、
前節同様、粘り強い守備とボールを繋ぐ意識で、
勝ち点をもぎ取ってほしいです。
a0007229_5543356.jpg

[PR]
by yosuie | 2013-08-21 05:54 | ザスパクサツ群馬 | Trackback | Comments(0)
前節の勝利を勢いに乗り込んだアウェイ山形戦。
結果は1-1のドロー。

試合を観ていないので詳細わかりませんが、
追いついて攻めてのドローということで、
前向きに捉えていいようです。
PKっぽいのを取ってもらえなかったりもあったようで、
今後を考えると勝ち切りたいところでしたが。

岐阜が勝ったため、かろうじて最下位ではありませんが、
勝ち点では並ばれてしまいました。
緊張感のある状況はまだまだ続きます。

次節はホーム熊本戦。
ここはなんとか勝ち点を稼ぎたいところです。
[PR]
by yosuie | 2013-08-15 05:58 | ザスパクサツ群馬 | Trackback | Comments(0)
a0007229_545239.jpg

最下位転落後の初戦は、
ホームに松本山雅FCを迎えて。
ゴール裏とバックスタンド南が緑一色に染まる中、
乾、永田、青木のゴールで3-0の完勝!

序盤は最終ラインと前線の連携が悪く、
なかなかチャンスを作れず、
ロングボールを多用する山雅の対応に苦労します。
そんな中得たCK、乾がニアで合わせて先制!
全体の動きも良くなり、この日シャドーの位置に入った永田が、
平繁の浮き球のパスを豪快に蹴り込んで2点目!
前半を2-0という願ってもない展開で終えます。

後半前に出てくる山雅の攻めを、
最終ラインとGK北が粘り強く防ぎ、
終盤にはカウンターから平繁、青木とつなぎ、ダメ押しの3点目!
今季一番の観客6800人の前で、結果を残すことができました。

岐阜が負けたため、最下位は脱出しましたが、
残留を争う北九州、富山は勝ち、混戦の状況です。
これで気を緩めることなく、貪欲に勝利を求めることが重要。


そしてこの日は。
練習中に倒れ、帰らぬ人となった松田直樹の3回忌でした。
出生の地群馬で、最後に所属した山雅との対戦。
試合前には彼のために黙祷が捧げられました。
目を閉じながら、ザスパのユニを着た松田をイメージしようとしましたが、
できませんでした。
勝手ながら、”そういうことなんだ”と納得。
特別な日に、良い試合ができたと思います。
a0007229_5461223.jpg

[PR]
by yosuie | 2013-08-07 05:48 | ザスパクサツ群馬 | Trackback | Comments(0)