鶴舞う形の群馬県。
by yosuie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:スポーツ( 271 )
第96回全国高校野球選手権大会 群馬大会 健大高崎-前橋育英
a0007229_09504273.jpg
昨夏の甲子園を初出場で制した前橋育英。
一昨年春のセンバツでベスト4の健大高崎。
群馬の高校野球界で躍進著しい2校が、
3回戦で当たるという今年の群馬県予選。
注目のカードを高崎城南球場で観戦してきました。

1時間ほど前に到着しましたが、
球場の周辺はこの一戦を見に来た車と人でごった返し、
チケットを求める行列はスタンドの周りを回って、
住宅地まで延びていました。
a0007229_09500975.jpg
育英は昨夏の優勝投手、高橋光成くんが、
ケガ明けで再びマウンドに。
2回戦は松井田相手に復活の投球を果たし、
この試合に万全の態勢で臨みます。

一方、健大は伝統の機動力野球と、
タイプの違う投手のリレーで優勝校相手に挑みます。

立ち上がりは高橋くんの力のある球に押され、
健大打線は沈黙します。
それでもランナーに出ると、持ち前の足でプレッシャーをかけ、
何度も牽制を誘います。
牽制の上手い高橋くんに刺される場面もありましたが、
執拗に次の塁を窺う姿勢が後に生きることになります。

育英が先制し、迎えた中盤。
徐々に制球が定まらなくなってきた高橋くんを攻める健大は、
6回に1死満塁というチャンスを迎えます。
しかし、ここでギアを上げた高橋くんの前に2者連続三振。
昨夏頂点に上り詰めたその経験と精神力で、
ピンチの場面を切り抜けると、
その裏工藤くんのタイムリーで待望の2点目が入り、残すは3回。
試合の行方が育英に傾きかけた7回に、ドラマが待っていました。

ストライクが先行しない高橋くんでしたが、
ゲッツーで2アウトまで来て、この回もしのぐかと思われたその後、
ヒットと四球で満塁としてしまいます。
厳しい状況の中投じた一球は打者に当たり、
押し出しでとうとう1点を与えてしまいます。
なお満塁からヒット、ヒット、エラーであっという間の5失点。
一転して残り2回で4点を追うことになった育英。
しかし、3投手のリレーに攻略の糸口がつかめず、
結局このまま試合終了。

前橋育英の夏連覇の夢は、ここで潰えました。
健大は序盤から高橋くんに与え続けたプレッシャーが、
7回の一挙6得点に生きました。
冬場に骨折した高橋くんは、身体こそ昨年より大きくなっていましたが、
練習、実戦での投げ込みが不足していたのかもしれません。
中盤以降は制球が定まらなくなり、健大打線につかまってしまいました。

両チームとも全体的なレベルが高く、
ブラバンの演奏、応援団の声援も素晴らしかったです。
夏空に満員のスタンドの熱気、高校野球の魅力を堪能した試合でした。
a0007229_09505276.jpg



[PR]
by yosuie | 2014-07-21 09:54 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
真紅の大優勝旗、再び。
夏の甲子園決勝。
初出場の群馬県代表、前橋育英高校が、
宮崎県代表、延岡学園高校を4-3の逆転で下し、
見事、高校野球の頂点に立ちました!

サッカーは多数のJリーガーを輩出し、
インターハイを制するなど、全国区の知名度でしたが、
野球部はなかなか県予選の壁を越えられず、
今回が初出場。
2年生エース、高橋光成を中心に、
堅牢な守備とソツのない攻撃でとうとう最後まで勝ち上がりました。

県勢の全国制覇は、99年、正田樹を擁した桐生第一高校以来、
14年ぶり2度目です。
横浜、常総学院など、常連校を退け、
9者連続三振、準決勝まで自責点0という素晴らしいピッチングをしたこうなくん、
それを素晴らしい守備で盛り立てた高橋拓也くん、サヨナラヒットの土屋くん、
好リードの小川くん、4番キャプテンとしてチームをまとめた荒井くん、
そしてそのお父さん、荒井監督。

すべての試合にドラマがあり、感動がありました。
素晴らしい真夏の夢をありがとう!

これで、上武大学の大学選手権制覇に続き、
群馬県勢は今年二冠です。
次はダイヤモンドペガサスが、独立リーグ王者を取る番ですね!
[PR]
by yosuie | 2013-08-22 16:40 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
松田直樹。
こうなってしまった以上、
たら、れば、は言ってもまったく意味がない。

昨年、佐藤大基の訃報を聞いたのが7月の終わり。
また今年、現役のサッカー選手の不幸を聞くことになるなんて、
予測しているほうがおかしい。

高校の同級生は、”小学校の頃、一緒にサッカーやってたんだ!”って、
誇らしげに語っていた。
2009年の新春ドリームマッチ、ザスパ相手に後輩たちをまとめ、
本当に楽しそうにプレーするその姿が、瞼の奥に焼きついている。

あそこまで大成できるサッカー環境が、
当時の桐生にあったとは思えない。
有り余るサッカーへの情熱と才能が、
桐生、群馬という枠を飛び越え、世界に通じるサッカー小僧を生み出した。

同世代、同郷の人間として、
彼の短くも熱い人生に敬意と感謝を表し、
ただただ、ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by yosuie | 2011-08-05 05:31 | スポーツ | Trackback | Comments(2)
2011年J2第2節 ザスパ草津-愛媛FC
a0007229_23212254.jpg

本来ならば3月に行われるはずだった、J2第2節。
震災の影響で今季初のミッドウィーク開催となった、
ホーム愛媛戦は、0-0のスコアレスドローに終わりました。

今日は故大西元社長の命日。
連敗中のザスパとしては、どうしても勝ちたかった試合でしたが、
開始前に群馬名物の雷様が到来、豪雨で30分後にキックオフと、
いきなり波乱の展開。

・・・しかし、試合内容は大方の予想通り(?)、
堅守の愛媛を攻めあぐねるザスパ、
愛媛は齋藤が切れのあるドリブルで決定機を作るものの、
それ以外はあまり攻撃の形を作れず、前半を0-0で折り返します。

後半も一進一退、中盤での攻防が続き、
バイタルでのミスも響いて、決定的なチャンスがお互い少ない展開。
そんな中でも、この日先発したリンコンとのコンビネーションで、
ラフィーニャが抜け出しシュートを放ちますが、
相手GKに阻まれ、なかなか得点が奪えません。

この日は愛媛の守備力を警戒してか、セットプレイも変化球ばかりで、
少し策に溺れた感も。
連勝中はうまくいっていたことが、少しづつ噛み合わなくなり、
ここしばらくは我慢の展開が続きそうな気配です・・・。
a0007229_23213574.jpg

厳しい見方もできますが、ここは今期初めて勝ち点1を拾えたことに、
まずは良しとして、前向きに次の試合に臨んで欲しいものです。
[PR]
by yosuie | 2011-06-29 23:21 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
群馬にサッカー専用スタジアムを!
伊勢崎市と前橋市の間にある多田山丘陵に、
県営サッカー場を誘致し、専用スタジアムを作るという、
伊勢崎市からの要望が、先日正式に群馬県に出されました。
記事はこちら

これに合わせて、伊勢崎市のホームページから、
現状分析と建設構想を含めた調査報告書を閲覧することができます。
報告書はこちら

昨日ざっと読んだときは、よくまとまってると思ったんですが、
必要性を訴える部分では少し押しが弱いかな、と。
(報告書の位置づけはよく分かっていませんが)

これを読むとザスパがJ1に上がったときのために、
観客増とために、というところがメインで書かれています。
確かにそれもそうなんですが、正田スタも芝生席の部分をなんとかすれば、
J1規格の収容人数15,000人には持っていけるはず。

それでも別途スタが必要なのは、今後始まるクラブライセンス制度や、
スタジアム格付けで正田スタは総合的に良い点数が付く可能性が低く、
イメージダウンになってしまう危険があること、
また先日町田ゼルビアは施設の整備不足を理由に、
J昇格の許可を見送られたことから、今後スタジアム設備に関しては、
かなり厳しくなっていく可能性があることを加えてほしかったなと思います。

また、ザスパサポなら知っている人も多い、
正田スタは水道水の取水口が近いため、
強い農薬が使えず、芝の整備が難しい点、
サッカー競技以外で使用した場合に芝が傷んで、
本来のプロのプレーができないことがある点なども、
現状の課題点と言えると思います。

以上がデメリットを補うPR部分。
これに加えて、メリットとすれば、ザスパだけでなく、
例えば前橋育英という高校サッカー界屈指の強豪があるんだから、
そういった下部の世代が素晴らしい専用スタの専用ピッチでやることによって、
更なるレベルアップが図れるとか、
そういった点にも触れてもらえると良かったと思います。
実際に高校サッカー県予選の決勝は毎年観客も結構集まります。
また、例えば天皇杯や地域リーグ決勝大会など、
Jリーグ以外の試合なんかも誘致、開催しやすくなり、
来県者がより増える可能性など。

っとまあ、勝手なことを書きましたが、
実際にこの報告書のような施設ができたらほんとに夢みたいだし、
実現まではまだまだ越えなくてはいけないハードルは多いでしょう。
一サポとしては、伊勢崎市には継続的にがんばってもらいたいです。
ザスパもほんとにJ1に上がってもらわないと(笑)。
[PR]
by yosuie | 2010-11-05 05:44 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
蒼き船乗り達の航海日誌。
続けることの勇気と覚悟を、岡田武史から学ばねばならない。
自分を信じる信念を、本田圭佑から学ばねばならない。
熱い気持ちの重要さを、川島永詞から学ばねばならない。
仕掛ける積極さを大久保嘉人から学ばねばならない。
人は誰でも挫折を味わうということを、駒野友一から学ばねばならない。
結束することの大事さを、南ア戦士から学ばねばならない。

2010年、4年に1度の蒼き船乗り達の航海は、
喜望峰を間近にその旅程を終えた。
その海路は時に行く先を見失い、時に大きく時化たが、
船はかつて踏み入れたことのない大地に降り立つことができた。

次は更なる未開の地へ。
大航海時代は、まだまだ続く。
[PR]
by yosuie | 2010-07-01 00:46 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
フットボールってやつは。
サッカーは点の入りにくいスポーツだ。
だから、得点シーンは選手も観衆も喜びを爆発させるし、
その熱にうかされた人々はこうして平日の朝早くでも目が冴えてしまう(笑)。

そして、点が入らないから、
思いがけないアップセットも起こる。
フランスが、イタリアが予選リーグで去った今大会。
海外どころか国内でも下馬評が低かった日本代表が、
厳しい対戦相手に競い勝ち、決勝トーナメント進出を決めた。

オランダ戦を1失点で凌いだことで、
引き分けでも勝ち抜けたデンマーク戦。
そのことで試合前からプレッシャーを与えることができたのが大きい。

そして、日本が世界に誇る武器、FKをこの大事な試合で使えたこと。
最後の岡崎のゴールも含め、理想的な展開に持ち込めました。

今、改めて感じるのは、ザスパ草津というクラブが群馬にでき、
サッカーが身近になったことで、今日この試合を楽しみ、
興奮し、感動することができたということ。

日本代表の活躍を素直に喜びながら、
そこにつながるサッカーが、すぐ近くあることに改めて感謝したい。
[PR]
by yosuie | 2010-06-25 05:55 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
プロ野球ドラフト会議2009。
本日開催されたドラフト会議。
世間的には、花巻東の菊池雄星投手の指名権を獲得するのは、
どの球団か、
群馬県民的には、小島くん(桐生第一-東洋大)、
松井くん(桐生第一-上武大)あたりが指名されるかどうか、
が注目だったかと。
で、菊池くんは見事渡辺監督(前橋工-西武他)が引き当て、
松井くんが中日の7位と、一息ついたところで、
ビックリのニュースが!

育成枠ながら、群大教育学部の神田くんが巨人に指名されました!
しかも準硬式。
raijin.comの過去記事を見ると、高校時代は前橋東
3年次の夏の大会は1回戦負け・・・。
いやあ、人生ってわからないもんです(驚)。
こうなったらがんばって選手登録、1軍までのし上がってもらいましょう。
山口投手という良い見本が同じチームにいますし。
[PR]
by yosuie | 2009-10-29 21:36 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
西武日本一。
いくら群馬県民であっても、
就任1年目の渡辺監督(旧新里村出身)が、まさか胴上げされるとは、
正直思ってなかった、というのが本音。

今年はほとんどリアルタイムでプロ野球を見る機会がなかったですが、
土日と重なった最後の2試合は、
素晴らしい試合で、片時も目が離せませんでした。

打ち勝つ野球ではありませんでしたが、
ピッチャーもバッターもランナーも、
失敗を恐れず、積極的に仕掛ける姿はまさに今年の西武野球。
ノーヒットで同点に追いついた場面は、
This is Japanese Base Ball.
の一言です。

川上が、上原が、メジャーに渡る選手が増えても、
日本でしか楽しめない野球がある、
改めてそのことに気づかされた、いい日本シリーズだったと思います。
[PR]
by yosuie | 2008-11-10 23:26 | スポーツ | Trackback | Comments(2)
群馬の野球関連。
まだ日本のプロ野球もメジャーもシーズン終了してませんが、
ここらで群馬関連の今年の野球のまとめを。

今年は群馬の野球にとって、激動の年と言っても良い年でした。
なんといっても、BCリーグ、群馬ダイヤモンドペガサスの誕生、地区優勝。
秦監督の下、大木(利根商-)、富岡(楽天など-)、広神(前橋育英-)、
井野口(富山-)など、地元出身選手も活躍を見せ、
初年度としてはそこそこ満足のいく結果だったのではないでしょうか?
運営面では、観客数の伸び悩み(ここはザスパと共通・・・)など、
今後に課題もありますが、まずは球団ができて、気軽に観戦できることは、
ちょっと前までには想像すらできませんでした。

そして、高校野球界では、桐生第一福田監督の辞任。
いろいろあった末、ある意味責任を取るためこういう結果になってしまいました。
90年代から群馬の高校野球界を引っ張り、
レベルアップに貢献していただいたと思います。
投手を中心にしっかり守り、集中打で一気に試合を決する桐一野球は、
目の離せない展開や終盤の大逆転で、観る者を惹きつけました。
そして、99年夏の甲子園、正田投手(日ハム-阪神)を擁して、
群馬県初の頂点に。
これでひと区切り、一つの時代が終わった気がします。

さて、プロ野球に目を向けると、
こちらも群馬関連選手にとっては厳しいシーズンオフが。
その正田は日ハム時代に新人王を獲得するも、その後伸び悩み、
阪神移籍後は登板機会もなく、とうとう戦力外に。
北海道に移転する前の苦しい時代に、
良いピッチングをしながら援護がもらえず、歯痒い時もありました。
残念ですが、これからも何かの形で続けてもらいたい。
結局桐一三羽ガラス(勝手に命名)のうち、
高校時代に一番実績を作った正田が、最初にプロ野球を去ることに。
一場(明治大-楽天)もパッとせず、
左キラーという役に活路を見出した小林(東海大-中日)が、
結果的に出世頭でしょうか。

そのほか、すでに戦力外通告を受けているのが、
大須賀(前橋工-東北福祉大-巨人-広島)、
戸部(樹徳-日大-東芝-ロッテ-楽天)。
いずれも高校時代の大活躍が印象に残っています。
毎年のことですが、やはりプロは厳しい世界ですね。

・・・ということで、
簡単ではございますが、今年のここまでのまとめということで。
来シーズンはペガサス2年目、高校野球は新たな時代へ、
楽しみな部分も多く、今から期待しております。
[PR]
by yosuie | 2008-10-18 07:37 | スポーツ | Trackback | Comments(3)