鶴舞う形の群馬県。
by yosuie
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
春季関東高校野球県予選。
1週間遅れですが、少々コメント。

決勝まで残ったのは前橋工と太田商。
結果は2-1ということで、接戦の良い試合でした。

前橋工は数年の雌伏の時を経て、上昇傾向でしょうか。
金城投手、星捕手など、1,2年の頃から評判の高かった選手が最上級生となり、
地力がついてきた感じ。

太田商は相沢投手が決勝で好投。
打線もセンバツ出場の桐生第一に打ち勝つなど、好調。
(昔から太田商は打線がよかった気が)

その桐生第一はセンバツ1回戦敗退から、
チームのレベルアップがそれほど進んでないもよう。
今年は無理か・・・っと思わせて、夏には間に合わせてくるチームなので、
今後の伸びに期待。

注目は樹徳を破って準決勝まで行った高経附。
新しい力として久方ぶりに群馬の勢力地図を塗り替えてくれるか。

関東大会に出場する前橋工と太田商。
レベルの高い相手と行うことで、夏の甲子園予選に備えたいですね。
[PR]
by yosuie | 2004-05-09 07:09 | スポーツ
<< JFL第8節 国士舘大-ザスパ草津。 上毛かるた そ >>