鶴舞う形の群馬県。
by yosuie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ゆく人くる人2015(その3)
新加入がドンドン来そうな気配なので、
本日2回目の投稿。

昨シーズン途中から加入したカイケ。
世代別ブラジル代表という輝かしい経歴を引っ提げ、
力強いドリブルでその片鱗を見せてくれてはいましたが、
ケガ等もあり、1年半で満了となってしまいました。
ホーム金沢戦、ザスパで今まで蹴ったことのなかったCKで、
江坂の決勝ゴールをアシストした試合は、
記憶に残る一戦となりました。
まだまだ若いカイケ、ぜひもう一度、
日本でプレーを見てみたいです。

山形から今シーズン加入した、SB小林亮。
ベテランらしい味のあるプレーが随所に見られ、
サイドライン際での相手選手との駆け引きには、
思わず唸ってしまう安定感がありました。
そして、アウェイ磐田戦での決勝ゴール。
アディショナルタイムに吉濱の放ったシュートの跳ね返りに、
見事に詰めていたプレーは、
結果と相まって今後も語り草になるでしょう。
1年で去ってしまうのが本当に惜しい。
そう思わせてくれる選手でした。

今シーズン当初加入したブラジルトリオの一人、アクレイソン。
ボランチとして相手の攻撃の芽を摘むプレーや、
厳つい風貌とは裏腹に、
ビラ配りのチラシやティッシュを律儀にすべて受け取るエピソードや、
声援に必ず応える姿など、ジェントルマンな人柄でした。
隙あらば縦パスを入れようとするプレースタイルは、大好きです。
年齢的なこともあり、これ以上の伸びしろを期待されず、
満了という結果になってしまったのかもしれません。
残念ですが、来日間もないのに、
ブラジルスーパーでレジ待ちを譲ってもらった思い出は、
一生残ると思います。

ブラジルトリオのもう一人、MFオリベイラ。
上背はありませんが、テクニックのあるプレーは、
見ていて期待を膨らませるに十分でした。
そして、アウェイ京都戦では、
オリベイラゾーンから、見事な決勝ゴールを挙げました。
伝え聞くマイナス部分はあったかもしれませんが、
期待値が大きかった分、
不完全燃焼でピッチに立てなくなったことは、残念でなりません。
もう一度ピッチでのプレーを見たい選手です。


[PR]
by yosuie | 2015-12-19 17:00 | ザスパクサツ群馬
<< ゆく人くる人2015(その4) ゆく人くる人2015(その2) >>