鶴舞う形の群馬県。


by yosuie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ゆく人くる人2015(その2)

いつも多いが今年はさらに出入りが多いので、
なかなか書き切れなそうなゆく人くる人。
新加入も発表されていますが、まずはゆく人に敬意をこめて。

2013年に東洋大から加入、
サイズのあるFWとして期待された野崎桂太。
1年目はプロの壁とケガに泣きましたが、
昨シーズン初ゴールを挙げると、
今シーズンは4ゴールを挙げ、チームの勝利に貢献しました。
一度満了となるも再契約、昨年と比べ身体のキレ、
スタミナが大幅に向上したように見受けられ、
特にホーム徳島戦での終盤、
青木の魂のオーバーラップからのクロスを、
ヘッドで決めた決勝点は、記憶に残るゴールでした。
年々成長が感じられた選手です。
これからもきっと成長できるはず。
新天地でも成長し続けてほしいと思います。

同じく2013年に秋葉監督とともに水戸から加入、
攻撃センスのあるレフティーのボランチとして、
今シーズンも数多くの試合に出場した坂井洋平。
攻撃のスイッチを入れる縦パスがいつ出るか、
ボールを持つとワクワクする選手でした。
そのセンスを生かせる場所は多いはず。
ぜひプレーを続けてほしいと思います。

2013年にチャレンジャーズに加入。
1年後の2014年にトップ昇格を果たし、
アマ契約のままトップチーム所属となった久富良輔。
その後しばらく出番はありませんでしたが、
天皇杯で出場できっかけをつかむと、
縦への推進力を買われ、レギュラーに定着、
札幌戦ではゴールも挙げました。
今シーズンはチーム戦術に迷いがあったのか、
目立った活躍ができず、満了となってしまいました。
ただ、最終戦で見せた鬼気迫る走りには、
まだまだ可能性を感じます。
ぜひ、またその才能を生かせる場所で、
プレーしてほしいと思います。

同じく2013年にチャレンジャーズに加入、
2年を経て今年トップ昇格を果たした小林誠。
Jデビューをかけて臨んだシーズンでしたが、
残念ながら果たせず、1年で満了となってしまいました。
しかし、この3年は決して無駄ではなかったはず。
この経験を糧に、次のステージに繋げてほしいと思います。
[PR]
トラックバックURL : http://yosuie.exblog.jp/tb/21942707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yosuie | 2015-12-19 05:45 | ザスパクサツ群馬 | Trackback | Comments(0)