鶴舞う形の群馬県。
by yosuie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ゆく人くる人2015(その1)
気がついたら年の瀬。
早々に発表された契約満了と、
選手の移籍の噂で、来シーズンの展望が見えづらい中。
少しづつ今シーズン限りでザスパを去る選手を振り返りたいと思います。

JFL時代の2004年に加入し、
チーム最古参となっていた、GK北一真。
黙々と居残り練習する姿は、ザスパ関係者の中では有名な話。
長らく控えの時代がありましたが、
持ち前の長身を生かしつつ、毎年成長を続け、
サポーターにも努力し続けることの大事さを教えてくれました。
北のPKストップで、救われた試合もありました。
生え抜きの選手として、ザスパで選手生活を終えてほしい想いもありますが、
GKとしては、まだまだやれる歳です。
ザスパでの経験を、次の活躍の場で生かしてほしいと思います。

ザスパ草津U-23(現チャレンジャーズ)から2009年にトップ昇格を果たし、
7年もの間、CBとしてピンチの芽を摘み続けた有薗真吾。
読みの鋭いディフェンスで、決して大きくない身体のハンディをカバーし、
何度決定機を防いだことか。
その力が衰えたわけではありませんが、
チーム戦術との不一致から、今回退団という形になりました。
現在も続くチャレンジャーズからトップへの昇格という道筋は、
有薗の成功なくしてはありませんでした。
その功績は、ザスパにとって計り知れないものです。
新天地でもその経験を必ず生かせると思います。

2012年に日体大から加入したDF小柳達司。
恵まれた体躯で大型のSBとして、またCBとしても出場し、
4年間で100試合以上を戦った、生え抜きの選手。
今シーズンはあまり活躍ができませんでしたが、
これからのザスパを背負って立つ一人として、
期待していた矢先、よもやの契約満了となってしまいました。
そのポリバレントな能力は、欲しがるチームもあるはずです。
新たな活躍の場を見つけ、また敷島に戻ってきてほしいと思います。

2013年、期限付き移籍で加入し、
翌年から完全移籍となった夛田凌輔。
貴重なSBとして、左右両サイドをこなし、
また、明るいキャラクターでファン感謝祭でも活躍、
今年は92年組のリーダー格として、クラブを盛り上げてくれました。
残留争いに巻き込まれた2013年、
アウェイ鳥取で挙げた貴重な先制ゴールは、忘れることができません。
残念ながら来季ザスパでプレーすることはなくなりましたが、
今後のステップでの更なる成長を期待したいと思います。


[PR]
by yosuie | 2015-12-13 15:38 | ザスパクサツ群馬
<< ゆく人くる人2015(その2) 2015年J2第42節 横浜F... >>