2015年J2第16節 ザスパクサツ群馬-ジェフユナイテッド千葉
前節磐田をアディショナルタイムの決勝ゴールで破り、
迎えたホーム、ジェフ千葉戦。
この日誕生日だった江坂の2ゴールで2-0の快勝!

5月最終日、強敵千葉を迎えての試合は、
風が強く、ボールコントロールが難しい展開。
前半風上を取ったザスパは、早めの先制点で優位に進めたいところ。
松下、オリベイラとミドルシュートは打つものの、
なかなか枠内にいかない展開、
ペースはどちらに転んでもおかしくない中、
前半24分に流れを変えるシーンを迎えます。

ザスパ陣内左サイドで千葉FW森本と小林亮が競り、
その流れの中で森本の手が小林亮の顔を直撃、
これがイエローカードとなり、森本はこの日2枚目、
前半半ばで千葉が一人少ない状況となります。

これで流れはザスパに、しかしゴールを決めるまでには至らず、
絶好の前半を0-0のままで終えます。
ザスパにとっても想定外の展開、
ハーフタイムでお互いどこまで修正できるかがカギに。
後半は風下になったものの、そこは空っ風で慣れているザスパ、
松下を中心に風を読んだフィードで、うまく千葉を押し込んでいきます。
そして56分、敵陣半ばやや右でボールを持ったオリベイラが、
ゴール前にボールを入れると、斜め左から飛び込んだ江坂が、
ヘッドでボールに合わせ、待望の先制点!

これで勢いに乗ったザスパは、続く60分、
前節決勝ゴールの小林亮が左サイドを突破、
放った低いクロスにつま先で合わせたのは、またも江坂!
自ら祝砲2発を上げ、千葉を引き離します。

その後も吉濱、カイケ、野崎と攻撃的なカードを切り、
追加点は奪えなかったものの、強豪千葉を完封!
前節に続いて貴重な勝ち点3をもぎ取りました。

強敵続きの5月、正直かなり厳しい結果も覚悟していましたが、
終わってみれば、京都、磐田、千葉を破り、勝ち点9を獲得。
まだまだ予断を許さぬリーグ戦ながら、
一桁順位が視野に入るところまで来ています。

大事なのはこの後。
まずは次節、北関東ダービーアウェイ栃木戦を制し、
一気に中盤に踊り出れば、一躍J2の注目チームとなります。
是が非でも次の試合を取りたいところです。

[PR]
by yosuie | 2015-06-04 18:34 | ザスパクサツ群馬 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yosuie.exblog.jp/tb/21308080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2015年J2第17節 栃木... 2015年J2第15節 ジュビ... >>