鶴舞う形の群馬県。
by yosuie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2015年J2第8節 セレッソ大阪-ザスパクサツ群馬
3連敗という厳しい状況の中迎えた、
アウェイセレッソ大阪戦。
セレッソとの対戦は2009年以来7年ぶり、
当時の得点王香川に乾、昇格をかけた一戦で大敗したのが最後。

今回もJ2での対戦だが、当時と比べても遜色なく、
南アW杯得点王のフォルラン、現役日本代表の山口蛍を筆頭に、
元代表の玉田、ロンドン五輪代表の扇原、韓国代表GKのキム・ジンヒョンと、
昇格候補筆頭に挙げられる戦力の充実ぶり。

対するザスパは、前節イエロー2枚で退場になった有薗に替わり、
乾がCBで今季初出場。
また、左SBにアマチュア契約の川島が入った。

誰もがセレッソ優位と思いながら始まった試合、
いきなりフォルランに角度のないところから決められて、
開始2分で1点のビハインド。

しかしその後、セレッソの拙攻にも助けられ、
ハイプレスで徐々にペースを取り戻すと、
初出場の川島が守備に攻撃に躍動、
その川島のロングスローをDFをブロックしながら野崎がスルーし、
後ろに詰めていた竜樹が蹴り込んで同点に追いつく。

後半メンバーを替えたセレッソに押し込まれる時間が続くが、
35分過ぎまで耐え、ワンチャンスをものにする。
途中出場のオリベイラ、吉濱とつなぎ、
左サイドから川島が上げたクロスに飛び込む小牟田、
これはヒットしなかったが、
DFに当たったボールをまたも竜樹がヘッドで押し込み、逆転!

祈りながら過ごした残り時間を守り切り、
今季2勝目を挙げた。
結果が出ない中迎えた強豪との試合で勝ち点3を取ったことは本当に大きい。
順位表を見ると、厳しい状況には変わりないが、
この1勝がなかったらもっと大変なことになっていた。

この勝利を追い風に、GWの連戦を乗り切りたいところ。


[PR]
by yosuie | 2015-04-22 19:35 | ザスパクサツ群馬 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yosuie.exblog.jp/tb/21148533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2015年J2第9節 東京ヴェ... 2015年J2第7節 ザスパク... >>