鶴舞う形の群馬県。


by yosuie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ゆく人くる人2014(その2)

先日に続き、今シーズン限りでユニフォームを脱ぐ、
二人の選手について。

GK岩丸史也選手は、地元群馬出身、
前橋育英からJリーグ入りし、
2005年は期限付き移籍選手として、
ザスパ初年度のゴールマウスを守りました。

あれから9年、
再びザスパのユニフォームに袖を通すことになった岩丸は、
試合出場こそありませんでしたが、
クラブライセンス問題で揺れるクラブにあって、
積極的に募金活動に参加し、危機を救ってくれました。

15年という選手生活の中で、ザスパに二度貢献してくれた、
大事な選手です。
息の長いGKというポジションではありますが、
プロとしてやり続けていくには、いろいろな苦労もあったはず。
長い間おつかれさまでした。

そして、今シーズン磐田から移籍した金沢浄選手。
貴重なベテラン、数々の経験を若いチームに生かしてくれたと思います。
シーズン開始直前の怪我で、長らく出場がかないませんでしたが、
復帰後のプレーはさすが、
松本戦のミドルシュート、
千葉戦の青木孝太のゴールを呼んだCKは、印象深いプレーでした。

最後の一年間を、ザスパで過ごしてくれたことに、
感謝したいと思います。

また、契約満了のコーチ、選手も発表されています。

まずは、船越優蔵コーチ。
秋葉監督とともに、ヘッドコーチとして2年間チームを支えてくれました。
気心が知れた二人だからこそ、結果に結びつけられたことも、
何度かあったのだと思います。

富山から移籍し、3年間プレーした内藤圭佑選手。
今シーズンは序盤ゴールマウスを守っていましたが、
台頭してきた富居にポジションを譲り、
終盤はなかなかプレーの機会が得られませんでした。
憧れの川口選手との対戦も実現し、まだまだ飛躍が期待される選手。
今後もプレーを続けてほしいと思います。

昨年秋葉監督に乞われ、ザスパに加わった加藤弘堅選手。
個人的にも非常に期待していましたが、
時折素晴らしいプレイがあるものの、もう一皮剥けきれず、
契約満了となってしまいました。
もっとやれる力があると思っています。
ぜひピッチに立つ姿を再び見せてほしいと思います。

同じく昨シーズンから加わった、永田亮太選手。
ポリバレントな才能を生かし、トップからボランチまで、
複数のポジションをこなすユーティリティプレーヤーでした。
裏への飛び出しで何度も決定機を作り、貴重なゴールもあげました。
彼がいなかったら、
試合中の柔軟なフォーメーション変更も成り立ちませんでした。
ケガもそれなりにあったので、
そういった面で更新に至らなかったのかもしれません。
もし今後対戦することになったら、怖い選手の一人です。

前橋育英高校卒、JFLのホンダロックから地元ザスパに戻ってきた、
黄大俊選手。
最終ライン、ボランチと複数ポジションをこなし、
またサッカー選手とラジオDJという、複数の役割をこなす、
器用な選手でした。

残念ながら、公式戦でのプレーはほとんど見られませんでしたが、
持ち前の行動力とコミュニケーション力は、
今後も生かしていけると思います。

[PR]
トラックバックURL : http://yosuie.exblog.jp/tb/20448410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yosuie | 2014-11-30 17:01 | ザスパクサツ群馬 | Trackback | Comments(0)