鶴舞う形の群馬県。
by yosuie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ゆく人くる人2014(その1)
2014年のレギュラーシーズンも終了し、
すでに来シーズンへ舵を切っているザスパ。
今年もストーブリーグはタイミングを見て、
書いていきたいと思います。

まずはすでに発表されていた、監督人事から。
クラブ初のOB監督、そしてJ最年少監督として、
2シーズンに渡って指揮を執った、秋葉監督。
選手時代と変わらぬ熱いハートで、
ピッチの中だけにとどまらず、
苦しかったクラブライセンス問題でも、
積極的に関わってもらいました。

成績面では、経験不足なのは否めず、
チームの構築に時間がかかり、
1年目は降格争いに巻き込まれてしまいました。
また、今シーズンは主力選手の怪我に苦しみ、
なかなか思うような結果を上げられませんでした。

しかし、今年の天皇杯では、
浦和レッズを破るジャイアントキリングを達成し、
またリーグ戦でも相手を研究し尽くした采配で、
見事勝利に導くことも、度々ありました。

個人的には、スタメンを固定せず、
過密日程のときには、
ターンオーバーに近い選手起用を見せるなど、
これまでの指揮官とは違った柔軟な姿勢は非常に新鮮で、
それが富居、久富など、当初は控えだった選手の台頭を促したと思います。

経験を積めば、きっと素晴らしい監督になると思っています。
いつかまた、ザスパにその熱い情熱を注いでくれることを願っています。

そして、秋葉監督の後継には、
元前橋商の服部浩紀氏の就任が発表されました。
言わずと知れた、群馬サッカー界のレジェンド、
その後筑波大から横浜フリューゲルスに入団し、
Jリーグでも活躍しました。

これまでJクラブの指導歴がないことは、
若干不安ではありますが、
生まれ変わったザスパをどのように導いてくれるか、
楽しみでもあります。

また、来シーズン加入内定第1号として、
熊本秀岳館高校から、大岩亮太選手の入団が発表されました。
キャプテンとして大所帯のチームを引っ張り、
見事高校選手権の全国切符を勝ち取っています。
FW兼MFとして、華麗なプレーだけでなく、
メンタルの強いプレーが期待できそうです。

今日、契約満了及び引退選手も発表されていますが、
それは次の機会にまとめてみようと思います。

[PR]
by yosuie | 2014-11-25 22:30 | ザスパクサツ群馬 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yosuie.exblog.jp/tb/20429296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ゆく人くる人2014(その2) 2014年J2第42節 ザスパ... >>