鶴舞う形の群馬県。


by yosuie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2014年J2第42節 ザスパクサツ群馬-愛媛FC

a0007229_12185849.jpg
2014年シーズンを締めくくる、ホーム愛媛戦。
すでに退任が決まっている秋葉監督の、
2年間の集大成となったこの試合、先制され、
苦しい展開から2度追いつき、最後は逆転勝利を飾る、
最高の試合となりました。

ザスパは瀬川がスタメン復帰、
この日は4バックで試合に入ります。
対する愛媛は、河原をトップに、
堀米と原川という若く才能溢れる二人が、
シャドーの位置に入る布陣。
試合開始早々から、ザスパはこの3人に苦しめられることになります。

河原がザスパの最終ラインの前で受け、
飛び出してくるシャドーの二人とサイドの選手を捕まえられず、
一方的に攻め込まれてしまいます。
ボールを保持しても、前線からの厳しいプレッシャーを受け、
思うように相手陣内までボールを運べません。
時折ダニエルロビーニョのキープから押し上げることもできますが、
パスのズレと得意のサイド攻撃が封じられたことで、
多くのチャンスを作り出すことができませんでした。

形勢不利なザスパは、ソンスを最終ラインに下げ、3バックに移行。
メンバーを変えずに4バックと3バックを使い分けられる、
柔軟な戦術が、今シーズンの特徴となりました。
あの天皇杯レッズ戦も、このフォーメーション変更が武器となりましたが、
この試合はそれでも流れを引き寄せることができません。

後半に入り、大勢を動かせないまま、河原にボールを引き出され、
その折り返しをヘディングで決められ、先制を許します。
厳しい状況に立たされた中、状況を打開したのは、
ロビーニョの個人技でした。

センターサークル付近で奪ったボールを、前への推進力を生かし、
PA内まで運びます。
DF二人をものともせず、GKの左を撃ち抜き、同点ゴール!

しかし、愛媛も負けてはいません。
この日は終始緩かったザスパの守備網をかいくぐり、
河原がGKの目前でヒールを合わせ、ゴールに流し込んで勝ち越しに成功。
万事休すかと思われましたが、
この日のザスパは最後まで試合を諦めていませんでした。

青木孝太、永田、エデルと攻撃的なカードを次々と切り、
今シーズン初めてではないかと思う、
エデル、ロビーニョ、平繁、青木孝太が並ぶ、超攻撃的な布陣。
前線のパワーが増したザスパが、徐々に愛媛のDFラインを押し込み始め、
CK崩れから永田が入れたボールを、ファーで体に当てた青木孝太が、
そのままゴールに押し込み、再び同点に追いつきます。

この日集まった5,000人を超える聴衆のボルテージでスタジアム内の温度が上がり、
迎えたアディショナルタイム。
中央でキープした青木孝太が右サイドのロビーニョにはたき、
折り返したボールを受けたエデルが、
相手DFの股下を通してシュートしたボールは、GKの伸ばした手の脇を潜り抜け、
歓喜の逆転ゴールがネットを揺らしました。

二度のビハインドを追いつき、そして逆転勝ちを飾った最終節。
この2年で得たものをピッチで表現しきった選手たち。
長かったシーズンを最高の形で締めくくることができました。
a0007229_12192664.jpg
これで2014シーズンがすべて終了。
最終結果は勝ち点49、順位は22チーム中18位。
ケガで、クラブライセンスで苦しんだシーズンが終わりました。
まずは今年1年、ザスパに携わったすべての方々、おつかれさまでした。
この経験を生かすには、クラブ、チームに残る者、
そしてサポーターが、今後を受け継いでいく必要があります。

すでにシーズンチケットの販売も始まり、
クラブとしての新たな取り組みが見え隠れしています。
新監督を迎え、チームも再スタートを切る来シーズン。
どういう形になるのか、興味深く見守っていきたいと思います。
a0007229_12223030.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://yosuie.exblog.jp/tb/20420968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yosuie | 2014-11-24 12:23 | ザスパクサツ群馬 | Trackback | Comments(0)