鶴舞う形の群馬県。
by yosuie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2014年J2第36節 ザスパクサツ群馬-ファジアーノ岡山
a0007229_17120560.jpg
4連勝を狙った前節アウェイ讃岐戦は、0-1の敗戦。
チームの進化が問われる今節は、
プレーオフ圏内の岡山を迎えてのホーム戦。
結果は、逆転された後再逆転の、劇的勝利!

青木、平繁のツートップで臨んだこの試合は、
前半からボールを丁寧につなぎ、
裏への飛び出しを狙う岡山に手を焼き、
何度か危険な場面もありましたが、GK富居を中心に抑えていると、
前半26分、右SB久富がオフサイドライン際で落としたボールを、
青木が右にはたき、大外をオーバーラップしてきた3バックの右、
黄誠秀がノートラップで上げたクロスを、
中央で平繁はドンピシャで合わせて先制!
綺麗な展開で先制点を奪います。

しかし、前半終了間際、
岡山妹尾の技ありゴールで同点に追いつかれると、
後半今度は押谷にミドルを決められ、逆転されてしまいます。

が、ここからがこの試合の見せ場でした。
ザスパはダニエル・ロビーニョ、宮崎と攻撃カードを切ると、
前線の勢いが増し、68分、左サイド裏に抜けたロビーニョが中央に侵入、
マイナス気味に入れたクロスに合わせたのはまたも平繁!
混戦のPA内でゴール右隅に冷静に流し込み、同点に追いつきます。

そして、興奮冷めやらぬ71分、今度は中央で受けたロビーニョが右に流し、
オーバーラップした久富が躊躇なく折り返し、
ニアで敵の注意を引き付けた平繁の後ろで、宮崎がボールを押し込み再逆転!

その後もプレーオフ圏内に残りたい岡山の必死の攻撃を防ぎ切り、
3-2で勝利をものにしました。
岡山との相性は良いとはいえ、
一度逆転された試合をもう一度ひっくり返したのは、
過去あまり記憶にありません。
いったん途切れた連勝と勢いがこれで復活しました。
次節はアウェイで福岡戦。
こちらもプレーオフ近辺を争っているチーム。
次も結果を出して、J2昇格戦線を面白くしたいです。
a0007229_17122793.jpg

[PR]
by yosuie | 2014-10-13 17:12 | ザスパクサツ群馬 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yosuie.exblog.jp/tb/20284388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新たなる始まり。 2014年J2第35節 カマタ... >>