鶴舞う形の群馬県。
by yosuie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2014年J2第26節 ザスパクサツ群馬-Vファーレン長崎
台風11号が日本列島を縦断した直後の試合、
熊谷でのホーム長崎戦は、
後半一時逆転したものの、再度逆転されて2-4の敗戦。

台風の影響で風の強い中行われた試合、
前半風下に立ったザスパは、
風と長崎のハイプレッシャーに苦しみ、
なかなか有効な攻撃が見出せません。
そんな中でも、左サイドで組み立てたボールを、
ダニエルロビーニョが真ん中に切り込みながら、
逆サイドに出したボールは、走り込んできた坂井の足元に。
決定的なシーンでしたが、ゴールの枠を捉えられず。

逆に長崎の左サイドからのクロスが、
追い風に流されながら絶妙の位置に上がり、
競った青木孝太が捉えきれず、相手にゴールを許します。

後半、点を取りに行くザスパでしたが、
自分たちのパスミスもあり、なかなかリズムに乗れません。
早々にソンスに替わり金沢、小林に替わりエデルと、
交代カードを切ると、右サイドからロビーニョが強引に入れたクロスが、
相手DFの足に当たり、マイナス気味に流れたところに、
走り込んだのは宮崎!
これまで何度も決定機を迎えながら、
なかなかゴールが割れなかった宮崎が、
ザスパ移籍後初ゴールを挙げ、同点に追いつきます。

勢いに乗るザスパは、再び右サイドから小柳がオーバーラップ、
切り替えして上げたボールを逆サイドで飛び込みながらヘッドで捉えたのは、
左SBの瀬川!
綺麗なゴールが決まり、これで逆転!
ボルテージも上がり、このまま押し切れるかと思いましたが、
これまで長崎に勝ったことのないジンクスは、
ここで生きる形となりました。

替わって入った深井の上手いプレーでゴール前でファウルを取られ、
蹴った石神のFKがいかに富居でも止めようのない素晴らしいコースに決まり、
同点に追いつかれます。
そして、青木良太の出停で不安定だったDF陣が、
ここから踏ん張り切れず、さらに追加点を奪われ、
結局2-4で敗れました。

勝てば上位進出の足掛かりとなる一戦。
一度は逆転しながらも、再逆転される悔しい試合となりました。
これを次の試合に生かし、勝ち切れるチームにならないと、
なかなか上位には行けないと思います。

[PR]
by yosuie | 2014-08-11 10:48 | ザスパクサツ群馬
<< 2014年J2第27節 ザスパ... 2014年J2第25節 ロアッ... >>