鶴舞う形の群馬県。
by yosuie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
富岡製糸場ほか世界文化遺産登録決定。
a0007229_05254252.jpg
「日本で最初の富岡製糸」

上毛かるたにも詠まれている、
旧官営富岡製糸場と、これに関わる絹産業遺産群が、
昨日ユネスコの定める世界文化遺産登録に決定しました。
国内の世界遺産登録は18件目、
近代の産業遺産としては初の登録となります。

富岡市にある製糸場跡を中心に、
蚕種(蚕の卵)の製造、養蚕指導の田島弥平旧宅(伊勢崎市)、
養蚕教育機関の高山社跡(藤岡市)、
蚕種貯蔵の荒船風穴(下仁田町)で構成された、
絹産業遺産群。
群馬県から世界の絹産業発展に寄与した県内の複数施設が、
世界文化遺産として認められたことは、
非常に誇らしく、うれしいことです。

県民なら誰でも知ってる富岡製糸場の名前。
しかし、詳しい歴史や、
こうして世界的に認められるような施設であることを、
よく理解しているかというと、微妙なところも。
また、これらの文化遺産を今後も維持、保存していくことも、
非常に重要な役割、責任となります。

兎にも角にも、無事世界文化遺産登録となり、
日本で、そして世界で富岡製糸、群馬という名前が認知される、
またとないきっかけとなりました。
これを生かして、たくさんの人に群馬を見て、知ってもらえるよう、
県民みんなが協力していきたいですね。


[PR]
by yosuie | 2014-06-22 05:28 | 群馬
<< 2014年J2第19節 松本... 2014年J2第18節 ザスパ... >>