鶴舞う形の群馬県。
by yosuie
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2014年J2第16節 ザスパクサツ群馬-横浜FC
a0007229_04495956.jpg
前節アウェイで京都に3-0で快勝し、
連勝を狙いたいホーム横浜FC戦。
試合内容では押してはいましたが、
元ザスパ、松下裕樹の精度の高いFKに屈し、0-2の敗戦。

横浜FCの監督は群馬出身の山口素弘。
スタメンには一昨年までザスパの顔だった松下に加え、
小池純輝、永田拓也と、かつて敷島で共に戦った選手がいます。
試合開始直後から、前節の勝利で得た自信のパス回しで、
横浜の守備の綻びを狙いつつ、何度か決定機を掴みますが、決めきれず。
前半終了間際、不用意に与えたFKを松下が蹴り、
ポストの跳ね返りが味方に当たりゴールとなり、追いかける展開に。

後半も押している時間は長かったですが、
交代選手が入り、連携もずれ始めたところで、またFKを与えてしまいます。
ゴールやや右からのキックを、素晴らしい軌道で左隅に叩きこみ、
手荒な祝福を受ける松下。
彼の存在感に苦杯をなめる試合となってしまいました。

ゴール前での精度が足りなければ、頻度を上げるしかありません。
攻撃の形はできていて、特に瀬川のサイドからは、
この試合も何度もチャンスを作っていました。
新たに生まれた課題を克服しつつ、
ストロングポイントを生かしたサッカーをしていけば、
結果はついてくると思います。
a0007229_04503978.jpg

[PR]
by yosuie | 2014-06-01 04:52 | ザスパクサツ群馬
<< 2014年J2第17節 愛媛F... 「ち」から合わせる200万。 >>