鶴舞う形の群馬県。


by yosuie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2014年J2第15節 京都サンガFC-ザスパクサツ群馬

a0007229_05142637.jpg
前節逆転負けを喫して、負けられないアウェイ京都戦。
再び連敗街道に陥りそうなところを、
自分たちの力で踏ん張り、3-0の勝利!

ザスパは序盤から、
前線からの連動した守備で京都にボールを出させず、
裏を狙ったボールで京都ゴールを脅かします。
GK内藤のフィードを抜け出した小林がダイレクトでシュートしますが、
これは枠外。
その後もしばらくは圧倒し、
元日本代表の大黒、山瀬のいる京都に、
攻撃の糸口を掴ませません。

しかし、いい時間帯に点が取れないと、
相手にペースは移るもの。
前半終わりと後半はじめは、さすがに個のレベルの高い京都に、
攻め込まれる時間帯が増えていきます。
何度か決定機を作られますが、守備も耐え、
0-0のまま後半も20分過ぎに。

ここからが圧巻でした。
右サイドの混戦から夛田が逆サイドへチェンジ、
ノーマークの瀬川がゴール前まで侵入し、
強烈なシュートを放つと、GKにはじかれたボールを小林が拾い、
打ったシュートはGKの手をかすめてゴールに吸い込まれます。
待望の先制点を得た選手たちは、
前節の教訓もあるのか、ここで手綱を緩めず、
小林からの縦パスをPA内で青木孝太が受け、
こぼれたボールをダニエルロビーニョが奪取、
強烈なシュートを放ち、
GKがはじいたボールを青木孝太がヘッドでねじ込み、これで2-0。
さらに守備網が緩くなった京都の隙を突き、
坂井の絶妙なスルーパスをダニエルロビーニョが受け、
ゴールを決めて3-0。
このほか、大津や小柳も決定機を作りますが、
本日はここで打ち止め。

苦手京都相手に、3-0の大勝という結果になりました。
これも、苦しい中続けてきたサッカーが花開いた結果です。
得点はできませんでしたが、先発した野崎もボールによくからみ、
オフサイドにはなりましたが、何度も裏を狙っていました。
大津もプレーに風格が出てきて、これからが非常に楽しみ。
ダニエルロビーニョも動きがキレてきました。
平繁不在の中、それぞれが成長し、
ザスパサッカーを体現したこの試合は大きな一歩となります。
次節はホーム横浜FC戦。
連勝でさらにチームに勢いをつけたいです。


[PR]
トラックバックURL : http://yosuie.exblog.jp/tb/19830414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yosuie | 2014-05-25 05:17 | ザスパクサツ群馬 | Trackback | Comments(0)