鶴舞う形の群馬県。
by yosuie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ゆく人くる人2013(その1)。
杉本、有薗に続き、U-23から3人目のトップ昇格選手として、
今季から加入した枝本雄一郎。
松下、熊林が抜けたボランチのレギュラー争いが期待されましたが、
ベンチには何度か入るも、
残念ながら出場の機会を得られず、
1年での契約満了となりました。
結果を出さなければ残れない、
厳しい世界だということを、改めて認識させられました。

野洲高校出身のファンタジスタとして、
期待を持って迎えられた、青木孝太。
開幕戦ゴール、その後もアシストで今季の得点に貢献し、
できれば来シーズンもザスパのユニフォームを着ることを願っていましたが、
残念ながら契約満了となってしまいました。
最後まで先発してたので、
この結末は単純な理由ではないんだと思います。
平繁とのコンビは、いつも可能性を感じていただけに、本当に残念です。

関西大から昨年加入した、GK松本浩幸。
恵まれた体格から、将来の守護神を期待していましたが、
大ケガをしてしまい、なかなか陽の目を見る機会がないまま、
契約満了となってしまいました。
今季の北を見るように、GKは経験を積むことで成長できるポジション。
あきらめず、プレーを続けることで、
きっと花開くと信じています。

前線での活躍を期待され、昨年から加入した遠藤敬佑。
今季は得意のドリブルから平繁につなぎ、
徳島戦の4得点快勝に貢献しましたが、
途中から怪我に泣かされ、ゴールを見せられないまま、
満了となってしまいました。
まだ若いですし、万全の身体でまたピッチに立ってほしいと思います。

手薄なSBに昨年から加わり、
熱いハートと裏腹な熟練なプレーで魅せてくれた保崎淳。
ケガもあり、出場機会が多かったとは言えませんが、
期待をさせるプレーを見られなくなるのは非常に惜しいです。

中京大学から新人として加入し、地元前商出身ということもあり、
期待の高かったSB星野悟。
なかなか出場機会に恵まれませんでしたが、
残留争いの真っ只中の岡山戦、先制ゴールと2点目のお膳立てで、
チームの窮地を救う大活躍。
このパフォーマンスでなんとかチームに残れるかも、
っと思いましたが、厳しい台所事情もあるのか、
残念ながら契約満了となってしまいました。

3年前、水戸から移籍で守備の要となっていた中村英之。
ブログからもその意識の高さや、
人格者であることが伺え、
若いチームにとっても貴重な存在だと思っていましたが、
今季は出場機会が少なく、クラブを去ることになってしまいました。
経験値の高いプレー、またセットプレイからのヘッドは、
まだまだ武器として活躍できるはず。
これからもプレーを続けてほしいと思います。
[PR]
by yosuie | 2013-11-30 11:44 | ザスパクサツ群馬 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yosuie.exblog.jp/tb/19072376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ゆく人くる人2013(その2)。 2013年J2第42節 ザスパ... >>