鶴舞う形の群馬県。
by yosuie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2013年J2第30節 ジェフユナイテッド千葉-ザスパクサツ群馬
ミッドウィーク開催のアウェイ千葉戦は、
追いついて2-2のドロー。

累積警告で乾と誠秀は出場停止、ボランチには櫻田が入り、
3位千葉の撃破を目論見ます。
ポゼッションは譲るものの、奪ってからの速い展開で糸口を掴み、
前半CKからのこぼれ球をタツキが頭で決めて先制。

後半、逆にCKから決められ、
さらに相手の早いクロスを有薗がかわしきれず、
足に当たって決まってしまう、不運なオウンゴールで勝ち越しを許します。

なんとか勝ち点を取りたいザスパはロビーニョを投入、
裏への抜け出し、ボールキープの強さと、
徐々にその才能を見せ始めた中、右サイドでロビーニョのキープから、
加藤が中央でシュート、DFに阻まれますが、
こぼれ球を途中出場の横山が再度シュートし、
今度はこちらの球が相手選手をかすめてコースが変わり、ゴールイン。

終盤何度かチャンスはありましたが、そのまま引き分けました。
力のある千葉相手に、一度は逆転を許しながら、
追いつけたことは評価できると思います。
これで5戦負けなし。
次節ホーム愛媛戦でしっかりと勝ち点3を稼ぎ、
残留争いから脱出を図りたいです。
[PR]
by yosuie | 2013-08-24 14:06 | ザスパクサツ群馬 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yosuie.exblog.jp/tb/18429822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新たなる歴史。 真紅の大優勝旗、再び。 >>