鶴舞う形の群馬県。


by yosuie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

群馬にサッカー専用スタジアムを!

伊勢崎市と前橋市の間にある多田山丘陵に、
県営サッカー場を誘致し、専用スタジアムを作るという、
伊勢崎市からの要望が、先日正式に群馬県に出されました。
記事はこちら

これに合わせて、伊勢崎市のホームページから、
現状分析と建設構想を含めた調査報告書を閲覧することができます。
報告書はこちら

昨日ざっと読んだときは、よくまとまってると思ったんですが、
必要性を訴える部分では少し押しが弱いかな、と。
(報告書の位置づけはよく分かっていませんが)

これを読むとザスパがJ1に上がったときのために、
観客増とために、というところがメインで書かれています。
確かにそれもそうなんですが、正田スタも芝生席の部分をなんとかすれば、
J1規格の収容人数15,000人には持っていけるはず。

それでも別途スタが必要なのは、今後始まるクラブライセンス制度や、
スタジアム格付けで正田スタは総合的に良い点数が付く可能性が低く、
イメージダウンになってしまう危険があること、
また先日町田ゼルビアは施設の整備不足を理由に、
J昇格の許可を見送られたことから、今後スタジアム設備に関しては、
かなり厳しくなっていく可能性があることを加えてほしかったなと思います。

また、ザスパサポなら知っている人も多い、
正田スタは水道水の取水口が近いため、
強い農薬が使えず、芝の整備が難しい点、
サッカー競技以外で使用した場合に芝が傷んで、
本来のプロのプレーができないことがある点なども、
現状の課題点と言えると思います。

以上がデメリットを補うPR部分。
これに加えて、メリットとすれば、ザスパだけでなく、
例えば前橋育英という高校サッカー界屈指の強豪があるんだから、
そういった下部の世代が素晴らしい専用スタの専用ピッチでやることによって、
更なるレベルアップが図れるとか、
そういった点にも触れてもらえると良かったと思います。
実際に高校サッカー県予選の決勝は毎年観客も結構集まります。
また、例えば天皇杯や地域リーグ決勝大会など、
Jリーグ以外の試合なんかも誘致、開催しやすくなり、
来県者がより増える可能性など。

っとまあ、勝手なことを書きましたが、
実際にこの報告書のような施設ができたらほんとに夢みたいだし、
実現まではまだまだ越えなくてはいけないハードルは多いでしょう。
一サポとしては、伊勢崎市には継続的にがんばってもらいたいです。
ザスパもほんとにJ1に上がってもらわないと(笑)。
[PR]
トラックバックURL : http://yosuie.exblog.jp/tb/11522911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yosuie | 2010-11-05 05:44 | スポーツ | Trackback | Comments(0)